ホーム サイトマップ

製品情報
[上へ] [新着情報] [イベント] [報道・出版] [製品情報] [プロジェクト] [会社概要] [採用情報] [関係リンク]

 

地理情報システム(GIS)
ビジナビ
ビジナビ/3D
プラント保全・管理
地図ファイリング
グループウェア
3DCG/VR
e-Learning

 

事業分野と商品

ピープルメディアは、大学発ベンチャーとしての高い技術力を生かして社会の要請に応えるために、情報処理システムの様々な要素技術の研究と、それらの要素技術を統合した応用システムの開発を進めていきます。

ピープルメディアには、「マルチメディア」、「データベース」,「ネットワーク」に関する多様な技術が蓄積されています。これらの技術を統合した応用システムである、「地理情報システム」、「デジタル・エンジニアリング用システム」、「グループウェア・業務支援システム」を重点的な三本柱として、事業を展開していきます。

各事業では、高い技術力に裏打ちされた独自性の高いパッケージ商品の開発を積極的に行い、その販売を行ってまいります。また、パッケージ商品の開発で整備された中核技術を差別化要素として、付加価値の高い情報処理システムの受託開発を行っていきます。

 

地理情報システム

地理情報システム(GIS)は、電子的な地図をユーザーインターフェースに用い、様々な情報を地図上の場所に関連付けて取り扱えるようにした情報システムです。地理情報システムは、電子政府や電子自治体における重要な情報システムと認識されており、官民を問わず利活用分野が急速に広がっています。

ピープルメディアは、WebGIS、統合型GISだけでなく、仮想現実システムの研究で培われたリアルタイム三次元コンピュータグラフィックス技術を活用した三次元GISの開発と普及活動に重点的に取り組んでいます。

また、ピープルメディアは、エンターテイメント的な応用を含め、個人が生活で楽しみながら利用でき、地域の活性化にも貢献できる新しいGISの活用法を提案していきます。

ピープルメディアの地理情報システム関連サイト

bulletジオスケープ
bulletエデュマップ
bulletあんしんマップ

 

デジタル・エンジニアリング用システム

日本の国際的競争力の源泉である「ものづくり」を強化するために、三次元CADによる製品設計とそのデータを設計から製造まで多角的に活用し、開発期間の短縮や品質の向上などを実現する、デジタル・エンジニアリングが注目されています。

ピープルメディアは、三次元GISの研究開発で培われた三次元グラフィックスによる表現技術とデータベースによる情報管理技術を融合し、三次元設計データを中核とした多様な設計・製造情報を統合的に管理し、部署を超えて全社的に活用するための、デジタル・エンジニアリング用の各種支援システムを提供します。

また、プラントや製造ラインなどの保全・管理に関しても、プラント等の三次元構造と対応付けて保全関連情報の蓄積を行い、その直感的な三次元情報提示手法により保全業務支援を行う次世代のプラント保全・管理システムも提供します。

ピープルメディアのデジタルエンジニアリング関連サイト

bulletビジナビ

 

グループウェア・業務支援システム

グループウェアは、複数のメンバーが共同して行う業務を支援し、組織としての業務効率や業務品質を向上させる情報システムです。効果的なグループウェアや業務支援システムを構築するためには、業務内容の的確な分析と、その結果を反映させたデータベースの設計が重要になります。

グループウェアは、人と人を結びつける情報システムであり、まさに「ピープルメディア」といえるものです。ネットワークや携帯機器を活用し、場所や時間の制約を受けないコミュニケーションツールとしてのグループウェアの提供を目指します。また、大学における構築・運用経験と評価を活用し、企業だけでなく、教育機関も対象としたグループウェアや各種の業務支援システムの開発を行います。

 

最終更新日: 2007年01月12日

ホームページに対するお問い合わせは webmaster@peoplemedia.jp にお願いいたします.

 Copyright (C) 2002 - 2007, PeopleMedia, Inc.